2013年9月のブログ一覧

手織マフラー

カテゴリ:絵画教室  筆:田中 敦子
2013-09-25(水)

あっとゆう間に9月が過ぎてゆき、もう10月がやって来ますねwobbly
まだまだ暑いですが、朝夕は風が冷たく少し秋を感じます。
秋といえば芸術の秋maple制作意欲がわいてまいります!

先日毛糸を沢山仕入れましたので、冬用のマフラーを1本織ってみました。
毛糸だけでは単調だなと思い、少し光沢のあるおリボンribbonを太いのと細いのと
入り交えながら織ってみました。
出来上がると、シャネルの"ツイード調"のゴージャスな出来上がりとなりましたshine
更には仕上げで端の部分にはファーをあしらってみようかと考えています。

来月から第2・3・4金曜日、冬の間機織りのクラスが始ります。
初心者向けのクラスですので、経(たて)糸の整経(せいけい)から学びます。
下記のお写真のように筬(おさ)に1本づつ通す作業が少し細かい作業となりますが、
織り始めると糸の太さにより、あっとゆう間にできます。
経糸2メートルほどあり長く感じますが、織りあがると丁度よい長さです!(^^)!
因みにこのマフラーは1時間で織りあがりましたscissors

※機織りのクラスまだお席がありますので、ご興味ある方はこの機会に是非ご参加下さいませ。
締切を過ぎてもご予約受け付けておりますbell

石膏卵作り2

カテゴリ:絵画教室  筆:田中 敦子
2013-09-08(日)

石膏卵作りは、なかなか難しく。。。
ペットボトルに穴をあけ、ポンプ式の空気入れで風船に石膏を注ぎ込み
風船を縛る際に何度も風船が破裂しthunder
何度スタッフは全身に石膏を浴びたことでしょう。。。
そして、爆弾処理班の様に風船から卵をどきどきしながら、そぉーとはがすのですが
またまた、3回に1度はクラッシュして潰れます
その度にみな爆弾が破裂するかの様にびっくりbomb

でも、出来上がると、薄く繊細な卵を手にすると、
出来上がりは未だ温かく、本当の卵を手にしてるかの様で、
リアル感のある卵に子供達は皆大喜びでとても楽しく制作していましたhappy02

chickさらには、鳥の図鑑や恐竜図鑑を観ながら、粘土で再現し、
個々にオリジナルの世界観を想像し形に出来
熱い夏期講習となりましたup

石膏卵作り1

カテゴリ:絵画教室  筆:田中 敦子
2013-09-08(日)

wobbly今年の夏はとても暑かったですねsunsweat01
夏の自由課題にも使っていただける夏期の講習会は石膏で作るレプリカ卵を制作しましたrock
みんな暑い中よく頑張りました!!

作り方としては、
ゴム風船を使用しゴム風船をふくらまし、石こうを表面に塗り固めることで、
薄く、本物の卵の様な卵の殻ができあがりますscissors
まず、石こうを水で溶いて風船に注入します。
次に風船を回転させ、石こうをまんべんなく行き渡るようにします。
くるくると回していると、だんだんと石膏が熱を発し、温かくなってきます。
数分で硬化し始めますので、硬くなったら風船をハサミで切ってはがします。
粘土で色々な動物を作りまるでふ化したかの様な様子を制作しましたhappy01

最新の記事
手織マフラー
石膏卵作り2
石膏卵作り1
カテゴリー
絵画教室
つれづれ
バックナンバー
2019年5月
2019年2月
2018年12月
2015年3月
2014年10月
2014年8月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2011年6月
2011年4月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月